HOME > 現場スタッフ「喜怒哀楽日記」 > 街並みの感想:横浜関内 編

現場スタッフ「喜怒哀楽日記」

2017年4月28日

街並みの感想:横浜関内 編

街並みの感想:横浜関内 編

横浜市中区にある「関内」、

今日は色んな顔を持つ関内についてお話しします。

関内って、どんなところ?

みなとみらい元町・中華街の間に位置する場所で、

オフィス・繫華街・観光名所があり、JR関内駅を境に南北で分かれています。

は馬車道を始めとするみなとみらいエリア、

はいわゆる繫華街です。

故に、サラリーマンや観光客、夜のお仕事の方やフリーで活動している方などなど、

属性は様々です。

「関内」駅徒歩5分、賃料が高いのは?

同じ「関内」駅徒歩5分の物件でも、賃料は若干変わります。

関内の場合、北いわゆるみなとみらいエリアが人気のようです。

かといって、南の繫華街エリアも生活に便利な施設があったり、

大きな商店街があったりと負けてはいません。

私は、同じ関内でもエリアによって入居者の属性が異なる為

この様な結果に繋がっていると考えます。

簡単に言えば、みなとみらいに住みたい人の多くが横浜以外の方で、

生活を通じて横浜を感じたいから、多少高くてもそこに住むということです。

注)あくまで個人的な感想です。

少し話が脱線しましたが、理由はどうあれ駅の両サイドで賃料人気が変わることはあります。

 

もし、物件を購入・新築計画をする場合、

一度現地の街並みを確認してみるのもいいと思います。

きっと新しい発見がありますよ!!

 

他にもあります!

より深くサブリースについて知っていただくための
ウェブマガジン。ぜひお読みください!