HOME > 現場スタッフ「喜怒哀楽日記」 > 賃貸で「保証」はどれくらいの範囲で必要?

現場スタッフ「喜怒哀楽日記」

2017年5月14日

賃貸で「保証」はどれくらいの範囲で必要?

賃貸で「保証」はどれくらいの範囲で必要?

賃貸経営をしている方なら、「保証」を意識することが多いと思います。

例えば、

家賃の保証⇒家賃保証会社やサブリース

原状回復費用の保証⇒敷金や家賃保証のオプション

他にも、火災保険・修繕積立などなど

様々な項目で保証を意識すると思います。

戦略にあった保証を選択

先程申し上げたように、賃貸には様々な保証の項目があります。

その保証はどれも必要なものですが、自分のたてた戦略で外すこともできます。

例)

入居者が大手法人

⇒家賃や原状回復の保証をそこまで心配しなくとも、問題はないでしょう。

 

売買を検討している

⇒無理に家賃保証(サブリース)を付けてしまうと売りずらくなります。

 

再建築を計画中

⇒現状回復工事や建物の修繕に重きを置くことはないでしょう。

 

ごくごく当たり前の事を例に出しましたが、これは意外と見落としがちです。

物件を見極め、「保証」一つ一つを見直せば、案外必要のない保証が出て来るかも知れません。

 

退去時・入居中いつでもいいです。

一度賃貸の「保証」を見直して、別の項目に当ててみるのは如何でしょうか?

 

他にもあります!

より深くサブリースについて知っていただくための
ウェブマガジン。ぜひお読みください!