HOME > 現場スタッフ「喜怒哀楽日記」 > 原状回復工事の費用について

現場スタッフ「喜怒哀楽日記」

2018年5月31日| by 近藤 靖正

原状回復工事の費用について

原状回復工事の費用について

物件管理チームの近藤です。

私自身も、今のこの仕事に就く前に退去者として原状回復費用を負担した経験があります。

後日ですが移転先に精算書が届きましたが、敷金とほぼ同額を請求する内容でした。

その内訳ですが、ハウスクリーニング代の負担となっていました。

当時の印象としてはクリーニング代って高いなと感じたのを記憶しています。

今、思い返すと敷金の額と帳尻合わせだったのではないだろうかと思います。

ただ、当時は後日に見積が届いたことや敷金内でペイ出来ることから

あまり疑問には感じず、問い合わせたりはしませんでした。

 

現在、退去立会時の見積もりをする側になり、逆の立場で思う事は

「契約ありきで契約時の原状回復費用に対する事前の説明が二の次にされていないか?」

ということです!

退去者の方に、「クリーニング費用はオーナー負担では?」といったことを退去者の方から

聞かれる事も多々ありますから…。

契約書には明記されていても、きちんと内容を理解されている方は少数ではないかと思います。

私は、退去立会時にその場で直接、原状回復工事費用を提示する特性から納得のいく

費用の説明が出来るよう心がけています。

退去時の費用は、トラブルにもなりやすいので事前にトラブル回避のために、

納得されていない方に対しては特に、傾聴の姿勢と根拠に基づいた説明に努めています。

 

 

 

他にもあります!

より深くサブリースについて知っていただくための
ウェブマガジン。ぜひお読みください!