HOME > 現場スタッフ「喜怒哀楽日記」 > 習慣は難しい

現場スタッフ「喜怒哀楽日記」

2018年5月11日| by 西原 憂樹

習慣は難しい

習慣は難しい

私の人生で1番きつかった2ヶ月間のことを書きたいと思います。

当時同棲していた彼女(現在は妻)の

「………そのお腹何とかして欲しい………」

という真剣で切実な願いを受け、有名なライザップの門を叩くことになったのは

2年前のことでした。

彼女が真剣に頼んだのも無理もありません。

当時の私は身長170cmで体重73kgあり、お腹は三段重ねの鏡餅状態でした。

自己流で、炭水化物抜きダイエットや筋トレ、春雨ダイエットetc…..試したものの、

どれも続かず、これはもうプロの力を借りようと半ば藁にもすがる思いでした。

実際にライザップのトレーナーの念入りなカウンセリングを受け、

いっそう頑張る決心がつきました。

申し込んだのは2ヶ月間集中コースで、体重を落としつつ、お腹周りを中心に引き締め、

最終は筋肉も付けていくというものでした。

週2で、90分みっちりと筋トレに行き、食事は炭水化物抜きの高タンパク質、野菜中心。

毎食、何を食べたかを写真に撮り担当トレーナーへ送る日々。

彼女も野菜中心のメニュー作りを頑張ってくれました。

結果、73kgあった私の体重は58kgまで落ち、あの有名なライザップのCMに

出れるんじゃないかと自画自賛するほど、引き締まりました。

実際には筋トレは本当にきつく、白いご飯が大好きな私には食事制限も

涙を飲むほど辛い日々でした。

 

ライザップ卒業の日、、

私はやってしまいました。

これであの辛い日々から解放されるんだと思うと、白いご飯が食べたくて食べたくて、

耐えられず自宅に帰り無心でお茶碗にご飯をよそっている自分がいました。

その後の自分のことは、あまり書きたくないのですが、

このお腹に付いている鏡餅を見ていただければ分かって頂けるのではないでしょうか。。。

 

習慣とは2ヶ月間では備わらないものです。

最後にひとつ。

こんなにどうしようもない私と結婚し、世界一可愛い息子を産んでくれた妻に感謝です。

 

他にもあります!

より深くサブリースについて知っていただくための
ウェブマガジン。ぜひお読みください!