HOME > 現場スタッフ「喜怒哀楽日記」 > 空室長期化による弊害

現場スタッフ「喜怒哀楽日記」

2017年7月8日| by 田中 裕之

空室長期化による弊害

空室長期化による弊害

昨今、都心を中心に1Rや1K物件の供給が過剰となり、

空室件数の増加や長期化が懸念されているというニュースを耳にします。

前回、喜怒哀楽日記で述べた通り、

それに真っ向から反論する意見もあり、

今後の動向を見極めなければなりませんが、

1部エリアで上記物件の空室が目立つのも事実です。

そんな中、犯罪に利用されるている場合もございます。

それが、空室の部屋を荷物の受け取り場所として利用するケースです。

部屋の住所などを調べ送り先に指定し、

玄関の前で待ち受け取るというものです。

昔から行われていた手法かもしれませんが、

今後、人口の減少が更に深刻な中で、

空室の増加は思わぬ波乱要因も生みかねません。

 

他にもあります!

より深くサブリースについて知っていただくための
ウェブマガジン。ぜひお読みください!