HOME > 現場スタッフ「喜怒哀楽日記」 > テレワーク実践レポート~Q&A~

現場スタッフ「喜怒哀楽日記」

2020年5月9日| by 大西

テレワーク実践レポート~Q&A~

テレワーク実践レポート~Q&A~

住宅リーシングチームの大西です。
今回はテレワークについてインタビュー形式でお答えさせて頂きます。

お楽しみ頂けますと幸いです。

※注 自作自演です

 

Q:コロナ禍によりテレワークをする人が増えていますが、Oさんは実際に行ってみてどのような印象でしょうか。

A:在宅勤務という形態ですと正直難しいと思いました。
自室でやっていても、まだ小さな娘は「パパがいる!」とはしゃいで飛びついてきてしまい、
PCを入力することはままならず仕事を断念せざるを得ません。
現在は自社のコワーキングスペースを利用した、サードプレイスオフィス勤務を行っています。

 

Q:在宅勤務はお子さんがいると確かに大変そうなイメージがありますね。

A:どうしても仕事の内容と家庭の事情に左右されてきますよね。
それと家庭の事情は家庭環境もだけど家の間取りも影響する気がしました。

 

Q:それは不動産屋っぽい考え方ですね。

A:えぇ、不動産屋ですので(笑)
娘が小さいという以前の問題で、仕事に集中できる部屋の構造でないと難しいように感じてますから。
今回テレワークという働き方が見直された事で、
自宅で仕事ができるようにしたいという考えが少なからず根付いたと思います。
過去にファミリータイプの物件で、奥様の息抜きができるスペースとして「ミセスコーナー」が
流行りましたが、今後はDEN(書斎)スペースや3帖位のサービスルームに日の目が当たりそうな予感がします。
また、集中するためにも、扉には鍵がついてある部屋がいいですね。

 

Q:仕事部屋が遊び場になってしまわなければいいですが…
A:それは…各家庭にお任せするしかないですね(笑)

 

Q:オチがついたころで、仕事面でやりやすい点や苦労している点はありますか?
A:一つひとつの作業に向き合える点はすごく良い点ですね。
ひっきりなしの電話応対でタスクを消化できずに時間だけが過ぎてしまうようなことがないので。
その半面、一つの作業に無駄に時間をかけたり没頭してしまう事が当初苦労していた点です。
事前に作業時間を決めて行動することを意識するようになってからは、
以前より効率よく仕事ができているように思えます。

 

Q:なにか参考にしたものはありますか?
A:仕事帰りに某動画サイトを検索して参考にしましたね。
几帳面な性格ではないので自分が出来そうな範囲で取り入れてます。
私はこれまであまり縁がなかったのですが、今回のコロナ禍で動画配信サービスや
動画投稿サイトがすごく身近になったと感じています。

 

Q:その他に難しいと感じる点はありますか?
A:そうですね。コワーキングスペースには当然他にも利用者がいますので、
電話関係と情報セキュリティ関係には気を使いますね。
こちらから営業電話をかける際は離席をして行うので問題ありませんが、
先方から電話を受けた際は離席するタイミングとパソコンを閉じるタイミングを見計らう感じで
話すことがあるので、相手に気を使わせてないかと心配になることがあります。
情報セキュリティに関しては、幸いなことにしっかりと仕切られたスペースが確保できているので、
離席時の注意を主にしていますが、やはり気を配るのは大変ですね。

 

Q:最後に何か一言ありましたらお願いします。
A:不動産業界は昔からの慣習も多く、経営・運営状況が中々刷新されない社会だと思います。
そんな中、コロナ禍の影響もありますが、自社サテライトオフィスを使ったテレワークを行ってみて、
試行錯誤の段階ですが不動産業の仕事が出来ていることに驚いています。
効率よく仕事を楽しみながら不動産の仕事に携わりたい方、ぜひ一緒に働きましょう!
お問い合わせはこちら → 03-578きゅ

―これ社員募集のインタビューじゃないからね?!

 

最後までご拝読ありがとうございました。

他にもあります!

より深くサブリースについて知っていただくための
ウェブマガジン。ぜひお読みください!