HOME > 現場スタッフ「喜怒哀楽日記」 > 「SDGs」と「空室再生・収益化」

現場スタッフ「喜怒哀楽日記」

2021年4月30日| by 物件管理チーム 五月女

「SDGs」と「空室再生・収益化」

「SDGs」と「空室再生・収益化」

昨今ニュースで取り上げられている「SDGs」(持続可能な開発目標)

 

私としては、2030年までに世界で達成する17項目の目標があり、貧困をなくしたり、環境を良くする政策のことですよね。あまり身近なことではないから…。などと思っていました。

 

しかし、社内で「SDGs」について勉強する機会があり、当社との関連性とその重要性を改めて感じました。

 

そもそも、なぜ「SDGs」を行うのか?という質問に対し、

人も資源も有限のため持続的に地球上に住める環境をつくる

ということを聞いたときにハッとしました。

 

【当社事業 = 空室再生・収益化】

 

空室を再生することで、新築よりも資源を無駄使いせず、CO2排出量の削減や産業廃棄物の削減に貢献できている事業なのではないか。

 

そして、空室で困っているオーナー様とその地域に住みたい入居者様との懸け橋となる役割を担っているのではないか。

 

「SDGs」を勉強したことで、地球環境にとってもオーナー様にとっても入居者様にとっても、価値のある空室再生を行いたい!住み続けたいと思う環境を作りたい!と改めて考え直すいい機会となりました。

 

これからも、価値のある物件を提供できるよう日々精進していきます!

 

他にもあります!

より深くサブリースについて知っていただくための
ウェブマガジン。ぜひお読みください!