HOME > 家賃を上げろプロジェクト > 二兎を追うもの一兎も得ず・・・。

賃を上げろプロジェクト

二兎を追うもの一兎も得ず・・・。

二兎を追うもの一兎も得ず・・・。
工事費用
約90万円
効果
賃料15%アップ & 空室期間20日へ短縮
  • 間取り

    ワンルーム
  • 面積

    36.00
  • 構造

    鉄筋コンクリート造
  • エリア

    東京都港区
  • 築年月

    1979年1月
  • 完了年月

    2014年6月
  • コンセプト

    南青山にピッタリのオフィス仕様へ
before
どっち付かずが商品力を弱める。

東京都港区、「外苑前」駅から徒歩1分の好立地!! ただ1979年築の為、古めかしさがどうしても目立つ物件でした。よくある事務所可の賃貸マンションですが、機能性、デザイン性ともに、オフィスとしても住宅としても物足りなく、空室期間が長期化しておりました。私としては、「もっと高く貸せるだろう」といったことが率直な想いがあり、オーナー様と打合せ、ここは「南青山」思い切ってオフィスとして勝負しようということになりました。

限られた予算でどこを尖らせるのか!?

3点ユニットバスやキッチンや給湯も古めかしく、すべて一新するのは大きな費用が掛かることが悩みの種でした。ここはオフィスなので、すべての予算を室内に投入。オフィスであれば、水廻りはお部屋の決定の一番手にはならないかな、といった読みでした。オフィスのメインターゲットを新進、新鋭企業にしようと室内を洋装へと切り替えました。

ホワイトボードを中心に据える

床に木目調のフロアタイルを貼り、収納を増設しました。そしてポイントは、「ホワイトボードを部屋の真ん中に設置」することにより、オフィス内のワーカーがすぐに記録や確認を取りやすいよう機能性に配慮しました。 そして、照明は自由度を上げるため、ライティングレールにスポットライトを取り付ける形式としました。

お部屋は2週間で「申込」。

無事に工事が完了、すぐに申込が入り2週間で契約。 南青山エリアらしく出版系の企業が入居して頂けました。やはり場所がいいので、賃料を上げても決め手があればしっかり決まる。どっちつかずで顧客を待つより、しっかりターゲットをイメージして商品を構成し、広告を行う。そのようなことが勉強になったいい例でした。

他にもあります!

より深くサブリースについて知っていただくための
ウェブマガジン。ぜひお読みください!