HOME > 家賃を上げろプロジェクト > ハコからオフィスへ~使い方の‘’見える‘’化

賃を上げろプロジェクト

ハコからオフィスへ~使い方の‘’見える‘’化

ハコからオフィスへ~使い方の‘’見える‘’化
工事費用
約95万円
効果
賃料30,000円アップ
  • 間取り

    1R
  • 面積

    27.01
  • 構造

    鉄筋コンクリート造
  • エリア

    神奈川県横浜市中区
  • 築年月

    築34年
  • 完了年月

    2020/8/1
  • コンセプト

    ミクストユース         ~複合利用可能な事務所~
before
事務所としての可能性を引き出す

みなとみらい線『元町・中華街』駅徒歩2分の立地にあり築34年のコンパクトな事務所ですが、長く利用された方の退去後なかなか申し込みが入らずオーナー様からご相談を頂きました。駅近であり元町・中華街駅という住宅と商業が混在する立地を生かし、事務所としての可能性を引き出す提案がしたい!という思いからうまれたスモールオフィス物件です。なにもない箱の状態や居抜き物件とは違った魅力を持たせて利用目的を明確にし、近隣物件との差別化を図りました。立地環境から周辺調査を行い税理士・起業家の方をターゲットに、コンセプトは【ミクストユース】。ミクストユースとは一つの部屋・空間に様々な機能を持たせることをいい、事務所としての大きな方向性や不適切な用途の混在を避け、コンパクトであることを利用した『セミナールーム』や『ミーティングルーム』としての機能を持たせることでシーンにより様々な使い方を想像できるよう工夫致しました。『プロジェクター』『ホワイトボード』『コルクボード』などの機能をを個性的なカタチで設備として取り入れ、複合的な機能を十分に発揮しております!

ホワイトボード?プロジェクタースクリーン?

壁一面にはられた壁紙はホワイトボードとしてもプロジェクタースクリーンとしても活躍します!プロジェクターで写しながらホワイトボードとしての機能もあるのでセミナーや会議には重宝しちゃいます。ホワイトボードクロスのゆがみを消すのに苦戦しましたが下地から再施工し、素敵なスクリーンに仕上がりました。壁紙の継ぎ目を最小限に抑えるため横に貼るように工夫し、壁一面をホワイトボードとしてご利用いただけます。プロジェクターにもこだわり、明るい室内でも快適に使えるよう高性能プロジェクターを選んでおります。明るい室内で使用してもストレスなくはっきり文字が読めるので目が疲れず内容に集中でき、プロジェクターで映し出した資料に直接書き込めるのでプレゼンテーションの幅も広がること請け合いです。

コルクボード壁

コルクボードを壁にかけるのではなく、壁そのものをコルクボードにしちゃいました。コルクボードシートをオフィスの中心に施工することで頼もしい連絡係が誕生。約2.3m×1.5mのコルクボードには連絡事項を張ってもよし、癒しのペット写真を張ってもよし。たくさん貼ってほしいという願いが込められてます。コルクボードシートは施工のしやすさから厚さ2㎜のものが選ばれる場合が多いですが、ピンなどの刺さりやすさや使い勝手を考慮し5㎜の厚さのものを採用致しました。コルクの継ぎ目が上手く仕上がるか不安でしたが職人の卓越した技術により違和感なく仕上がっております!

使ってみたいオフィスへ

オフィスを探してる方の決め手となるようなコンセプトを設定し、【こんな風に使ってみたい】という心に刺さるようなご提案をさせて頂きました。デッドスペースになっていた入口付近に設置した棚は安全性・デザイン性からこだわり、通路側の角を丸く施工致しました。トイレに設置した段違いの棚は長さをあえて変えた遊び心をくすぐるデザインです。プロジェクターやコルクボード壁などの設備の使い方・造作棚に何を置くかなどを想像していただき、この物件で仕事をしたいと思って頂けるようなオフィスに仕上げました。オーナー様よりご相談を頂いた際、便座やミニキッチンなどの設備が劣化しており安全面からIHコンロとウォッレット交換をしましたが建具などについては既存のものを再利用し工事費を節約しております。結果賃料30,000円UPで募集し、IT関係の法人様にご成約いただきました。施工後オーナー様に内見していただきましたが、可愛いピンクを基調とした柔らかな印象のオフィスからグレーシュトーンの落ち着いた事務所に生まれ変わりデザイン・工事内容ともに喜んで頂くことが出来ました。

他にもあります!

より深くサブリースについて知っていただくための
ウェブマガジン。ぜひお読みください!