HOME > 現場スタッフ「喜怒哀楽日記」 > 原状回復工事はチャンスなのか?

現場スタッフ「喜怒哀楽日記」

2017年6月4日

原状回復工事はチャンスなのか?

原状回復工事はチャンスなのか?

原状回復工事、退去が発生するたびに起きる厄介なイベントです。

厄介な例として、

・入居できず賃料が発生しない

・工事費用が掛かる

・場合によってはもめる

などなど…

しかし原状回復工事、決して後ろ向きなことだけではないと思うのです!

せっかくなら、このタイミングで新しい工事を

物件の家賃は新築時から下降線を辿ります。

余程の物件じゃない限り、築10年も経てば新築時と同じというわけにはいかないでしょう。

そこで、現状維持あるいは賃料を上げる工事をするのです!

最近の賃貸マーケットは展開が早いもので、

今は珍しいとされている設備が、10年後には当たり前になっているなんてことがよくあります。

最近ですとミストサウナや浴室TVといったところでしょうか。

 

物件によって導入する設備は異なりますが、

入居促進を第一に考えれば厄介なイベント時に、少しの付加価値を付けてみるのもアリだと思います!

アクセントクロスから大規模リノベーションまで、

別に必ずやらなくてはいけないというわけではありませんが

ただ、改めて物件について考えてみると、案外別の発見があるかもですね!

他にもあります!

より深くサブリースについて知っていただくための
ウェブマガジン。ぜひお読みください!